1. HOME
  2. 出版実績
  3. 伝わるメール術 だれも教えてくれなかったビジネスメールの正しい書き方

Works

出版実績

伝わるメール術 だれも教えてくれなかったビジネスメールの正しい書き方


もうメールで悩まない! 伝わるメールを効率的に書く! もうメールで悩まない! 伝わるメールがすぐ書ける メールを書いていてなかなか内容がまとめられず時間がかかる、 ついつい長いメールになってしまう、 メールが原因でトラブルに発展してしまった……。 メールを簡潔にミスなく送るにはどうすればいいのか? 実は、こういったメールの問題点は技術を身につければ解決します。 本書のテクニックを身に着けて、伝わるメールをすばやく、正確に、簡潔に書く技術を身につけましょう。

本の詳細

著者
平野友朗
定価
1,180円+税
単行本
160ページ
出版社
技術評論社
発行年月
2019年2月16日
ISBNコード
978-4297104108

目次データ

第1章 正しく伝わるメールが書ける基礎知識 ずっと使えるメールの書き方・考え方

  • 用件はタイトルだけですべて伝える
  • タイトルで相手の読み方をコントロール
  • 仕事を前に進める 見やすいメール本文のルール
  • メール本文の「型」は1 つしかない
  • 宛名はいちいち考えない
  • 挨拶・名乗りは定番パターンでOK
  • メールの書き出しでもう悩まない!
  • 結びの挨拶は3 パターン覚えるだけ
  • メール署名の正解
  • 伝わらないメールはなぜ生まれる?

第2章 レイアウトや言葉選びに注目 読みやすい,わかりやすいメール文章術

  • メールの見た目にトコトンこだわる
  • 読みやすいメールの3 大原則
  • 書き始める前に考えておくべきこと
  • 全部載せメールはお腹一杯 必要なことを必要な分だけ
  • 漢字だらけの文章は読みづらい
  • 相手が理解できる言い回しをつかう
  • 読み手を置いてきぼりにするフレーズを避ける
  • 曖昧な言葉はつかわない
  • 丁寧すぎるメールは違和感を生む
  • クッション言葉 つかいこなして印象UP
  • 「思います」で逃げない
  • 「させていただく」は多用しない
  • 無駄な言葉をカットしてメールをシンプルに
  • 違和感に気付けるか? 言葉の感覚を磨く

第3章 トラブルを未然に防ぐ メールの10大ミスをなくせばうまくいく

  • 宛先の間違いで情報流出!? 安全に送るには
  • 誤字脱字があると印象の悪いメールに
  • 書きかけ送信のうっかりミスを防ぐ
  • 添付ファイルの付け忘れを防ぐためのルール
  • 名前間違いは失望につながる
  • 言葉づかいの間違いで違和感のあるメール
  • 文章が曖昧で伝達ミスが発生
  • 文章が長くて頭に入ってこない
  • メールの返信が遅いとギクシャク
  • 返事がもらえないのはタイトルに問題あり

第4章 ルールを作れば迷いがなくなる マイルールで効率アップ

  • メールは1日に3回チェックで十分
  • お礼のメールはその日のうちに
  • メールは夜に送らない
  • メールの「締め切り」を常に意識する
  • 期限を守れなくても対応次第で挽回できる
  • 期限を守れない人への対処法
  • メールのやりとりで「無視した」と思われないために
  • メール処理は空いた時間を有効活用
  • 退社時には未読・未処理メールをゼロにする
  • 考えるな! 届いたものから処理!
  • メールは削除しない
  • メールの振り分けをやめよう
  • メールに頼り切らず 電話も足もつかう
  • メールでうまく伝える自信がないときは口頭で
  • 電話とメールの多重作戦
  • 嫌な予感がしたらメールで一報入れる

第5章 さらに上を目指す! 一歩先の高速メール処理

  • 多い? 少ない? メールの見える化
  • 読まないメールは解除する
  • 不要なCC メールと戦う
  • 必要だけど読まなくてよいメールの既読スルー術
  • 意外と知らない TO・CC・BCC の正しい役割
  • CC とBCC のリスク満載なNG ケース
  • メールを転送するときは「なぜ」を書く
  • メールの処理速度は入力速度次第
  • 会社名・人名・製品名の誤入力を減らす
  • 知って得する単語登録例
  • メールは書かない コピペで完成
  • 書き換えずに済む文章パーツを持つ
  • 部分引用で入力文字数を減らす
  • 貸し会議室
  • メルマガ登録で書籍プレゼント