1. HOME
  2. 出版実績
  3. 速く、正しく、感じよく伝わる すごい「書き方」の超基本 添削数1万5000通! メールのプロに学ぶ

Works

出版実績

速く、正しく、感じよく伝わる すごい「書き方」の超基本 添削数1万5000通! メールのプロに学ぶ


  • メールを書くのが苦手
  • メールを書くのに時間がかかる
  • 言いたいことがあるのに、適切な言葉が見つからない
  • いつも似たような言い回しになってしまう

本書はこのような悩みをスッキリ解決するための一冊です。これまでに添削したメールの数は1万5000通超の「メールのプロフェッショナル」が、「正しく」「早く」「感じよく」相手に伝えるための書き方を教えます。実際によくある文例を〇×式で比較しながら解説しているため、「どう書けばいいのか」が一目瞭然。自分に必要な場面に置き換えて書く力が身につきます。「仕事が速い人が書くメール10の鉄則」に加え、「確認する」「依頼する」「説得する」「催促する」「断る」「指摘・注意する」「主張・反論する」「お詫びする」「相談する」「了承・承諾する」といったシーンで、今すぐそのまま使えるフレーズも満載。社会人に必須のスキルとなったメールの書き方が読むだけで身につきます。

本の詳細

著者
平野友朗
定価
1,650円(税込)
単行本
160ページ
出版社
徳間書店
発行年月
2022年3月11日
ISBNコード
978-4198654269

目次データ

仕事が速い人が書くメール「10の鉄則」

  • Rule01 「すべてのメールは“送ること”が真の目的ではない」と心得よ
  • Rule02 情報量は少なすぎると不親切。でも、多すぎてもかなり不快
  • Rule03 秒で「読みやすそう!」と思わせるには“内容”より“見た目”
  • Rule04 一文は40~50文字以内。小見出しをつける
  • Rule05 遠慮せず「具体的なアクション」を求める
  • Rule06 返信の期限を守らせたい時は「その理由」も添える
  • Rule07 「なぜ?」を伝えて、相手を動かす
  • Rule08 「難しい言葉」より「いつもの言葉」で語彙力を上げる
  • Rule09 文章を「考える時間」を1秒でも減らす
  • Rule10 文章を「入力する時間」を1秒でも減らす

これだけはおさえたい!シーン別メールの基本と実例フレーズ

  • 「確認する」
  • 「依頼する」
  • 「説得する」
  • 「催促する」
  • 「断る」
  • 「指摘・注意する」
  • 「主張・反論する」
  • 「お詫びする」
  • 「相談する」
  • 「了承・承諾する」
  • 貸し会議室
  • メルマガ登録で書籍プレゼント