1. HOME
  2. アイ・コミュニケーションのご紹介
  3. 平野友朗のプロフィール

ABOUT

アイ・コミュニケーションのご紹介

平野友朗のプロフィール

プロフィール


平野 友朗(ひらの ともあき)
株式会社アイ・コミュニケーション 代表取締役
一般社団法人日本ビジネスメール協会 代表理事
一般社団法人PAG 代表理事
実践塾シェアクラブ 主宰

1974年、北海道生まれ。筑波大学人間学類で認知心理学専攻。広告代理店勤務を経て、2003年、日本で唯一のメルマガ専門コンサルタントとして独立。2004年、アイ・コミュニケーション設立。ビジネスメール教育の専門家。得意とする分野は、メールコミュニケーション効率化や時間短縮などの業務改善。ウェブマーケティングの戦略立案やメルマガ・ウェブサイトの改善。メディア戦略を含めたブランド構築や出版プロデュースなど多岐に渡る。クライアントは、日本全国の企業、士業コンサルタント、官公庁から学校や団体まで幅広く、その数はのべ5,000を超える。

ビジネスメールスキルの標準化を目指し、日本初のビジネスメール教育事業を立ち上げる。ビジネスメールの教育プログラムを開発し、講演活動に力を注ぐ。メールスキルの向上指導、組織のメールのルール策定、メールの効率化による業務改善や生産性向上などを手がけ、官公庁、企業、学校、団体、商工会議所などへのコンサルティングや講演、研修回数は年間100回を超える。2013年、一般社団法人日本ビジネスメール協会を設立。認定講師を養成し、ビジネスメールの教育者を日本全国に送り出している。2014年「ビジネスメール実務検定試験3級」、2015年「ビジネスメール実務検定試験2級」を開始。通信教材やeラーニングの開発にも携わり、ビジネスメール教育の普及に尽力している。

一人の起業家としての活動から法人化への道のり、事業の多角化で蓄積したビジネスノウハウを提供する通信教育事業「実践塾シェアクラブ(旧ビジネス実践塾)」を主宰。動画教材とニュースレター、そしてメールマガジンで起業家や経営者に必要なノウハウを毎月提供中。

自らのメルマガ「平野友朗の思考・実践メルマガ【毎日0.1%の成長】」では、コミュニケーションやウェブマーケティング、ブランディング、ビジネスモデル構築など多岐にわたる話題を取り上げ、スキルアップに有益な情報を送り続けている。

著書は『【改訂新版】ビジネスメールの書き方・送り方』(あさ出版)、『伝わるメール術 だれも教えてくれなかったビジネスメールの正しい書き方』(技術評論社)、『図解でわかる! メール営業』 (秀和システム)、『仕事を高速化する「時間割」の作り方』(プレジデント社)、『イラッとされないビジネスメール 正解 不正解』(サンクチュアリ出版)、『仕事が速い人はどんなメールを書いているのか』 (文響社)、『カリスマ講師に学ぶ!実践ビジネスメール教室』(日経BP社)、など合計28冊。

平野友朗からのメッセージ

一人で1,000円の募金をするより、100円でもいいから募金できるような人たちを100人作れるような世界にしたい。その方がもっと世界が豊かになるし、皆が幸せになれると信じています。

目先の利益を追って、顧客を刈り取ってしまう起業家はもはや 生き残れない時代となりました。

冒頭の言葉は、「なぜ、平野さんは起業家を育てたいと思うのですか?」と、メディアに取材されたときどうしてもいえなかった言葉です。

まだ、自分にはそんなことを語る資格がないと思っていたからです。

しかし、昨今、商工会議所や大手金融機関などで講演させていただく機会も増え、ビジネスメールの研修講師、ネットマーケティングの総合プロデューサーとして取材を受けることが多くなってきました。また嬉しいことに、クライアントの活躍をメディアに取り上げてもらえる実績も急激に増えてきました。

今なら、言えるのではないか。そう思って、起業当時からずっと大切にしてきた私の原点を初めてお伝えしました。

人のために動くことが、必ず自分のためになる」という信念も変わっていません。

その証拠に、「実践塾シェアクラブ」では、 自身の失敗体験も含め、すべて会員の皆さんとシェアしています。少しだけ先を歩いてきた私の経験が、皆さんのお役に立つことを心から願っています。どこかで見かけたら、いつでも声をかけてくださいね。