メニューを飛ばして本文へ


出版実績

仕事を高速化する「時間割」の作り方

子供は時間を守れるのに、どうして大人は守れないのか。時間割の学習を終え、自由に時間を決められるようになった大人は、好き放題に時間を浪費。初心にかえって、時間を守るための方法を伝授。人気の時間管理セミナーが、待望の書籍化!

仕事を高速化する「時間割」の作り方
定価
(本体 1,300円 +税)
単行本
256ページ
出版社
プレジデント社
発行年月
2017年10月29日
amazon

仕事が速い人はどんなメールを書いているのか

仕事が速い人とそうではない人、その違いは一体どこにあるのか――? これまでに1万通を超えるビジネスメールを添削してきた著者が、仕事が速い人が書くメールの共通点を徹底分析。「目的」「ビジュアル」「返信しやすさ」「言葉」「処理時間の削減」の5つの観点からわかりやすく解説。

仕事が速い人はどんなメールを書いているのか
定価
(本体 1,350円 +税)
単行本
192ページ
出版社
文響社
発行年月
2017年3月15日
amazon

カリスマ講師に学ぶ!実践ビジネスメール教室

PC Onlineの人気コラム「美人研究員は見た!ビジネスメール事件簿」の書籍化第二弾!ビジネスメール研究所の平野所長(平野友朗)と直井研究員(直井章子)が、ビジネスメールの基本的な注意点から高度なテクニックまで解説。

カリスマ講師に学ぶ!実践ビジネスメール教室
定価
(本体 1,600円 +税)
単行本
212ページ
出版社
日経BP社
発行年月
2015年3月24日
amazon

ちょっとの工夫で仕事がぐんぐんはかどるビジネスメール術

新入社員向け。仕事ができる人は、メールも感じがよく、返信が早い。毎日大量に来るメールの扱い方と、あなたの印象をアップする効果的なメールの書き方をルール立てでレクチャー。すぐに使えるシチュエーション別文例集も充実。

ちょっとの工夫で仕事がぐんぐんはかどるビジネスメール術―仕事ができる人がやっている43のルール
定価
(本体 1,100円 +税)
単行本
160ページ
出版社
主婦の友社
発行年月
2013年4月19日
amazon

お客様から選ばれるウェブ文章術

平野友朗の初の文章術を公開。選ばれる人には理由がある!セールス文の嘘がユーザーに見抜かれる時代、ウェブサイトやSNSで重要なのは「信頼」をどう文章で伝えるか。事例を交えながら信頼と売上が上がる方法を紹介する。相手が何を見ているか、どう考えているかが分かる一冊。

お客様から選ばれるウェブ文章術
定価
(本体 1,600円+税)
単行本
250ページ
出版社
日本実業出版社
発行年月
2011年11月19日
amazon

ソーシャルメディア時代のビジネスメッセージ59の届け方

「届く」「つながる」「広まる」。ビジネスメッセージの届け方を完全解説!ツイッター、フェイスブックなどのソーシャルメディアに関する基本的な疑問を丁寧に解説、ソーシャルメディアを具体的にビジネスに活用できていない人に向けた一冊。

ソーシャルメディア時代のビジネスメッセージ59の届け方
定価
(本体 1,300円+税)
単行本
224ページ
出版社
ナナ・コーポレート・コミュニケーション
発行年月
2011年10月26日
amazon

ビジネスメールの常識・非常識

PC Onlineの人気連載「美人研究員は見た! ビジネスメール事件簿」を書籍化!さまざまな失敗メールの事例を取り上げ、ビジネスメール研究所所長(平野氏)と研究員(直井氏)の掛け合いを通じて失敗メールの問題点と解決法を提示、 軽いタッチながらメールマナーの基本をきっちり解説します。

ビジネスメールの常識・非常識
定価
(本体 1,400円+税)
単行本
196ページ
出版社
日経BP社
発行年月
2010年11月22日
amazon

ビジネスメールを武器にする方法40

1日にメールを受け取る件数が多い人、メールのやりとりが苦手で時間を取ってしまう人ほどすぐに効果が実感できる技を大公開。便利なツールであるはずのメールが「足かせ」になっている人のために、3つのステップでメールに関するトラブルを解決し武器に変える方法を伝授する一冊。

ビジネスメールを武器にする方法40
定価
(本体619円+税)
単行本
208ページ
出版社
講談社
発行年月
2010年7月20日
amazon

仕事とお金を引き寄せる人脈構築術

インターネットのツールを活用し人脈を構築したノウハウを公開。口下手でも簡単に人との繋がりが持てるインターネットで、自分を応援してくれるホンモノの人脈構築を可能にする戦略を解説。独立起業や顧客獲得を容易にする強力なネットワークを獲得するためのツボやルールがわかります。

仕事とお金を引き寄せる人脈構築術
定価
(本体 1,429円+税)
単行本
237ページ
出版社
ぱる出版
発行年月
2010年2月17日
amazon

これですっきり!ビジネスメールのトラブル解消

ビジネスでは当たり前のように利用されているメールで起きる典型的なトラブル事例を解説。業務を停滞させてしまった、相手を不快感を与えてしまった、誤解を招いてしまった、などメールによる様々なビジネス上のトラブルをスッキリ解消します。

これですっきり!ビジネスメールのトラブル解消
定価
(本体 1,200円+税)
単行本
128ページ
出版社
日本経済新聞出版社
発行年月
2010年1月21日
amazon

ビジネスメール
「こころ」の伝え方教えます

300を超えるフレーズ集、豊富な文例集を収録。実際の文書を見ながら、「考え方」をしっかり学ぶことが出来ます。 メールをこれから覚えたい初心者の方から見直しをしたい中級者の方まで役に立つこと間違いなし!実践的なメールの書き方が身につく一冊。

ビジネスメール 「こころ」の伝え方教えます
定価
(本体 1,280円+税)
単行本
208ページ
出版社
技術評論社
発行年月
2009年2月14日
amazon

誰も教えてくれなかった ビジネスメールの書き方・送り方

メールの初心者~中級者向け。
「『Re:』のまま返信したら失礼なの?」「相手との距離を縮めるための工夫とは?」「返事を催促するとき、カドが立たない書き方って?」……など、日頃の疑問が氷解するメール本の決定版です!

誰も教えてくれなかった ビジネスメールの書き方・送り方
定価
(本体 1,500円+税)
単行本
204ページ
出版社
あさ出版
発行年月
2008年11月14日
amazon

コストゼロで人脈と売上を増やす仕事の仕組み

「コストゼロで人脈と売上を増やす仕事の仕組み」は、ビジネスメール活用の効率化を中心に執筆しています。メールは使いようによっては、大きな時間短縮につながります。是非、メールを学んで無駄な時間を減らしてくださいね。

コストゼロで人脈と売上を増やす仕事の仕組み
定価
(本体1,400円+税)
単行本
235ページ
出版社
ビジネス社
発行年月
2008年10月1日
amazon

「やり直し」のメルマガ営業術

中級者~上級者向け。
メルマガはまだまだ活用できます。ただ、「工夫」が必要なのです。重要なのは「どんなビジネス戦略を立てるか」、そして「メルマガというツールをどう使いこなすか」。そのノウハウを一挙公開。メルマガコンサルタントの集大成です。

「やり直し」のメルマガ営業術
定価
(本体 1,429円+税)
単行本
234ページ
出版社
ダイヤモンド社
発行年月
2007年07月13日
amazon

走りながら考える仕事術

ちょっと先を走る先輩起業家が、ブランド化の方法、コミュニケーションの方法、時間術、営業術、効率化など幅広い分野を語ります。とにかくたくさんのエッセンスが詰め込まれています。読みやすい構成と平易な文体ながら、仕事への姿勢を深く考えさせられる珠玉のビジネス書。

走りながら考える仕事術
定価
(本体 1,400円+税)
単行本
253ページ
出版社
日本実業出版社
発行年月
2006年11月10日
amazon

あなたの仕事が劇的に変わるメール術

メールの活用がビジネスを加速させる。社会人になっても教えてもらえないのが「メールの使い方」。その矛盾を解消するためにも是非お読みください。本書は、メールの書き方だけでなく、交渉術、仕事術の本としても読むことが出来るものです。体験を踏まえて分かり易く書かれています。

あなたの仕事が劇的に変わるメール術
定価
(本体 1,400円+税)
単行本
229ページ
出版社
ビジネス社
発行年月
2005年5月30日
amazon

面白いように仕事が取れるインターネット活用術

コンサルタントや士業さんがインターネットで仕事を取るためのノウハウを公開しています。ホームページやメールマガジンを営業ツールとして位置づけ、それらを効果的に活用して形のないサービスを売りたい人必携の書。

面白いように仕事が取れるインターネット活用術
定価
(本体 1,500円+税)
単行本
223ページ
出版社
ぱる出版
発行年月
2005年1月
amazon

小さな会社の最強メルマガ営業術

メルマガを使って効果的に営業活動を行うことが出来る!私はこの方法で起業3年目までに2,000社以上のクライアントを獲得しました。メルマガ活用の定番書籍です。基本的な考え方は時間が経っても色あせることはありません。メルマガの販促戦略と実践的テクニックを徹底的に解説しています。

小さな会社の最強メルマガ営業術
定価
(本体 1,400円+税)
単行本
254ページ
出版社
日本実業出版社
発行年月
2004年10月
amazon

メルマガ起業1年目の成功術

メルマガをフルに活用して起業をした1年の軌跡を本にしました。起業家の生の声が聞ける本は、珍しいですよ。軌道にのるまでの試行錯誤、起業は甘い考えではできません。この本の体験部分を体系化した『走りながら考える仕事術』をあわせて読むと、起業家としての成長・戦略が感じられます。

メルマガ起業1年目の成功術
定価
(本体 1,300円+税)
単行本
207ページ
出版社
ベストブック
発行年月
2004年3月2日
amazon

メルマガ成功の鉄則

メルマガの基礎~商品の販売などの初級者向けの話をまとめました。メールマガジンの発行・運営の具体的ノウハウを体系化し、1テーマずつ見開きで丁寧に解説、図解でわかりやすく示しています。
これからメルマガを始める人の入門書・教科書としてお使いください。

メルマガ成功の鉄則
定価
(本体 1,000円+税)
単行本
81ページ
出版社
サイビズ
発行年月
2003年11月
amazon

監修実績

イラッとされないビジネスメール 正解 不正解

平野友朗監修
文章があいまい、失礼な文面、攻撃的な表現、情報が足りない、読みづらい、ムダな長文…など、全国約1000社の役職者たちが明かした、相手に不快感を与えるポイントを完全解決!

イラッとされないビジネスメール 正解 不正解
定価
(本体 1,250円 +税)
単行本
224ページ
出版社
サンクチュアリ出版
発行年月
2017年5月26日
amazon

このフレーズが決め手! 伝わるモノの書き方のコツ

直井章子監修
仕事では、相手に失礼なく、的確にメールで伝える力が求められています。メールの書き方の他、シーン別の使えるフレーズが満載!書き出しや結び、感謝やお詫びのフレーズなどを数多く紹介しています。

このフレーズが決め手! 伝わるモノの書き方のコツ
定価
(本体 1,000円 +税)
単行本
176ページ
出版社
ナツメ社
発行年月
2016年10月14日
amazon

短いフレーズで気持ちが伝わる モノの書き方サクッとノート

平野友朗監修
無味乾燥なビジネス文章やメールは相手に冷たい印象を与え、誤解やトラブルを招きがち。好感度を高めるコツや、ひと言書き添えるだけで気持ちが伝わる気くばりフレーズを目的別に紹介しています。

短いフレーズで気持ちが伝わる モノの書き方サクッとノート
定価
(本体 1,000円 +税)
単行本
192ページ
出版社
永岡書店
発行年月
2014年11月
amazon

図解まるわかり 文章術の基本

平野友朗監修
第5章「ビジネスメールの基本」137ページ~180ページにてビジネスメールについて解説しています。
あらゆるビジネスシーンで必要とされる文章の書き方が学べる1冊です。オールカラーで図版やイラストを使い分かりやすく解説しています。

図解まるわかり 文章術の基本
定価
(本体 1,000円+税)
単行本
192ページ
出版社
新星出版社
発行年月
2013年4月30日
amazon

ほんの数行で「感謝」と「お願い」の気持ちを伝える技術

平野友朗監修
「ハガキ」「一筆箋」「メール」に絞り、「短い文章」で用件を過不足なく伝えるテクニックはもちろん、その中に、感謝の気持ち、お願いの気持ち、気遣い、今後もよろしくの気持ちを込める技術を提供。

ほんの数行で「感謝」と「お願い」の気持ちを伝える技術
定価
(本体 1,000円+税)
単行本
192ページ
出版社
永岡書店
発行年月
2010年7月10日
amazon

さすが!と言われる ビジネスマナー
完全版

平野友朗監修
「第5章コツが凝縮 ビジネス文書作成法」にて、「社内文書の基本」「社外文書の基本」「社交文書の基本」「メールの基本」「FAXの基本」を解説。ビジネスの基本を見開き1テーマでまとめました。

さすが!と言われる ビジネスマナー 完全版
定価
(本体 1,000円+税)
単行本
208ページ
出版社
高橋書店
発行年月
2010年4月5日
amazon

ビジネスメール・文書の基本講座

平野友朗監修
メールと文書の基本ルールを紹介。依頼、報告、謝罪、社交辞令などのメール文例と、社外・社内で使用する各文書文例も豊富に掲載。
本書でビジネスに必要な、メールと文書の基本ルールを身につけてください。

ビジネスメール・文書の基本講座
定価
(本体 780円+税)
単行本
191ページ
出版社
成美堂出版
発行年月
2009年4月18 日
amazon
お問い合わせください

執筆のご依頼は、「お問合せページ」よりお願いいたします。

お問い合わせ

メールマガジンご登録はこちら

実態調査2017

アイ・コミュニケーション セミナールームを使ってみませんか?

運営サイト

連載コラム