メニューを飛ばして本文へ


イラッとされないビジネスメール 正解 不正解

文章があいまい、失礼な文面、攻撃的な表現、情報が足りない、読みづらい、ムダな長文…など、
全国約1000社の役職者たちが明かした、相手に不快感を与えるポイントを完全解決!

・メールの「目的」に合わせて情報を整理する
・本文の冒頭では「何をしてほしいか」を的確に書く
・どうしても長文メールになるなら、見出しを立てる
・「余計な一言」は使わない、自分の都合を押しつけない
・「質問」や「お願いした側」が最後のメールを送る

「ビジネスメール」の第一人者が、具体的な「書き方・送り方」のルールを、わかりやすく解説。

メールへの苦手意識がなくなり、書くのが楽しくなる! 
新入社員からベテランまで、「社会人の教科書」と言える一冊です。

本の詳細

監修
平野友朗
定価
(本体 1,250円 +税)
単行本
224ページ
出版社
サンクチュアリ出版
発行年月
2017年5月26日
ISBNコード
978-4801400412

目次データ

はじめに...............................................................3
ビジネスメール実態調査2016.............................................7
【INTRODUCTION】これがイラッとするメールの具体例です!.................8

【PROLOGUE】社外も社内も、こんなメールにイラッとしている

1.イラッとポイント(1)あいまいメール.................................20
2.イラッとポイント(2)失礼メール.....................................24
3.イラッとポイント(3)必要な情報が足りない...........................28
4.イラッとポイント(4)読みづらいメール...............................32
5.イラッとポイント(5)攻撃的メール...................................36
6.イラッについて考える(1)「状況」によって文章のとらえ方が変わる.....40
7.イラッについて考える(2)不快感には個人差がある.....................44
8.イラッについて考える(3)信頼関係の有無でイラッとする範囲が変わる...46
【COLUMN】人は意外なことでイラッとしている............................48

【CHAPTER(1)】まずは知りたい、ビジネスメールの基本

「基本」を押さえたメールはイラッとされない!..........................50
1.「1通1用件」を基本にする..........................................52
2 .「送信者名」は「フルネーム」+「所属」で設定する...................54
3.ToとCc、Bccを使い分ける.............................................56
4.ToとCcは必ず本文に「宛名」を書く....................................60
5.Ccを入れるかどうか正しく判断をする..................................62
6.本文は「あいさつ」と「あいさつ」で挟む..............................64
7.署名をつけて「相手の便利」に気を配る................................66
8.メール、電話、面会はこうして使い分ける..............................70
9.回答に時間がかかる場合はどうする?..................................74
10.HTMLメールを使うか? 否か?.......................................76
【COLUMN】社内でのやりとりはメッセンジャーも便利 .....................78

【CHAPTER(2)】本文を書く前に準備したいこと

イラッとさせない文章に必要な情報整理..................................80
1. 書く内容について情報を集める.......................................82
2.メールを書く目的を明確にする........................................86
3.「誰に向けて書くのか」を意識する....................................90
4.手段を決める........................................................92
5.「添付ファイルが重い!」とイラッとさせる容量は?....................94
6.見ただけでピンとくる件名をつける....................................96
7.返信の際は件名を変えるかどうか検討する.............................100
【COLUMN】複雑な用件はメッセンジャーよりメールで.....................104

【CHAPTER(3)】わかりやすい本文の書き方

「見やすさ」を意識すれば「わかりやすい」は8割合格...................106
1.本文の冒頭に要旨を書く.............................................108
2.伝えづらいことは経緯や背景を伝えてから書く.........................110
3.ムダなやりとりを減らせる効率のよいメールにしよう...................112
4.「箇条書き」をうまく使えば伝わりやすい.............................116
5.勘違いを防ぐ「日付」+「曜日」のセット書き ........................120
6.「全文引用」と「部分引用」の使い分けをマスターしよう...............122
7.「部分引用」はポイントを絞る.......................................126
8.見出しをつける.....................................................128
9.長い1行より短い2行にする.........................................132
10.「行空け」を有効に使う............................................134
11.「単語登録」と「テンプレート」でスピードアップ....................136
【COLUMN】携帯電話にメールするときのポイント ........................140

【CHAPTER(4)】「イラッとする表現」はこう避ける

「不適切な表現」が不快感を生む.......................................142
1.「ストレート表現」と「ぼかし表現」.................................144
2.「余計な一言」を付け加えない.......................................146
3.自分の都合を押しつけない...........................................148
4.「上から目線」の表現を避ける.......................................150
5.初めての相手へのメールは警戒心を取り除く...........................152
6.伝わる「はず」の専門用語や業界用語、略語に要注意...................156
7.「あいまい」な表現を使わない.......................................158
8.顔文字や絵文字、「!?」など記号の使用はどこまで許される?...........160
9.敬語の間違いあるある(1)「れる」「られる」........................162
10.敬語の間違いあるある(2)「いただき」すぎ.........................164
11.敬意を表す「度合い」にも気をつけよう..............................166
12.書きづらいメール(1)謝罪する.....................................168
13.書きづらいメール(2)お断りする...................................170
14.書きづらいメール(3)催促する.....................................172
【COLUMN】夜間や休日のメッセンジャー、メール ........................174

【CHAPTER(5)】ていねいなメールと思われるポイント

相手との関係を近づけるメールを書こう.................................176
1.マメに「ありがとう」を伝えて好感度アップ...........................178
2.「質問」や「お願いした側」が締めのメールを送る.....................180
3.テンプレートに「心を込める一言」を加える...........................182
4.文章にどこまで気づかいを盛り込むか.................................184
5.転送メールや添付ファイルでの情報漏洩を防ぐ.........................186
6.どんな環境でも見やすい表記を使う...................................188
7.相手に手間をかけるときのプラスα...................................190
8.できるだけ「ポジティブ」な言葉づかいをする.........................192
【COLUMN】メールを送信する前に見直すポイント.........................194

【APPENDIX】そのまま使えるシーン別文例集

あいさつ(1)急な部署の異動..........................................196
あいさつ(2)退職....................................................198
あいさつ(3)新部署に着任............................................200
お礼(1)打ち合わせ..................................................201
お礼(2)資料請求....................................................202
お礼(3)食事や宴席..................................................203
お礼(4)いただきもの................................................204
依頼(1)見積もり....................................................205
依頼(2)打ち合わせ日程の変更........................................206
お知らせ(1)夏期休業日..............................................207
お知らせ(2)商品価格の値上げ........................................208
案内(1)請求書の送付................................................209
案内(2)電話営業後、会社案内を送付..................................210
案内(3)イベント開催................................................211
確認(1)(社外)経過の整理..........................................212
確認(2)(社内)資料の不足..........................................213
回答(1)(受領)見積もり書..........................................214
回答(2)(承諾)仕事の依頼..........................................215
催促 未入金..........................................................216
お詫び 納期の遅れ...................................................218
相談 スケジュールの変更.............................................220
報告 保留中の案件...................................................222

お問い合わせ

メールマガジンご登録はこちら

実態調査2017

アイ・コミュニケーション セミナールームを使ってみませんか?

運営サイト

連載コラム