メニューを飛ばして本文へ


仕事が速い人はどんなメールを書いているのか

仕事が速い人とそうではない人、その違いは一体どこにあるのか――?
これまでに1万通を超えるビジネスメールを添削してきた著者が、仕事が速い人が書くメールの共通点を徹底分析。「目的」「ビジュアル」「返信しやすさ」「言葉」「処理時間の削減」の5つの観点から、仕事をスピーディーに進めるためのメール術をわかりやすく解説。
本書のテクニックを応用すれば、定時退社も夢じゃない?
(アマゾンより抜粋)

本の詳細

著者
平野友朗
定価
(本体 1,350円 +税)
単行本
約200ページ
出版社
文響社
発行年月
2017年3月15日
ISBNコード
978-4905073789

目次データ

はじめに
仕事が速い人のメール発想

1 メールが速い人は仕事も速い?

仕事が速い人の発想①「主導権」を握る
仕事が速い人の発想② ムダなことを排除する
仕事が速い人の発想③ 優先順位をつけない
仕事が速い人の発想④ 相手の思考を先回りする
仕事が速い人が気をつけている   5つのポイント

2 目的を意識しながら書く

すべてのビジネスメールには「目的」がある
「目的」を伝えるために必要な6W+3H
メールを送る前にシナリオをつくる
先回り力を駆使してメールを書く
一番効果的なタイミングでメールを送る
一度口にした約束を軽く扱わない
間違いを恐れないで送信する

3 ビジュアルを工夫して読ませる

選ばれるのは読めるメール&読みたいメール
ブロック化・空行で本文を美しく整える
箇条書きで相手の理解度をアップさせる
7つの要素を意識してメールをつくる
「なぜ、このメールを送ったのか」を先に書く
文章をできるだけコンパクトにする

4 確実に返信を受け取る

めんどくさそうなメールには返信をしてもらえない
面識がない人に送るメールは〝ラブレター〟のように書く
まずは自分から相手のファンになる
件名に開封したくなるキーワードを入れる
「逃げ道」を用意して催促メールを送る
期限を1秒でも遅れたら問い合わせる
相手の感情を大切に受け止める

5 相手の心に刺さる言葉を使う

言葉で相手の心を動かす
使えるフレーズはストックしておく
ネガティブフレーズをポジティブフレーズに変換する
ムダな前置きはカットする
「お手すきのときに」という配慮は必要ない
「させていただきます」を徹底排除する
安易に「思います」を使わない
3つのポイントでケンカ腰の相手をいなす
聞きづらいことをあえて聞く
言葉のレベルを意識する

6 メールの処理時間を削減する

4つのアプローチで処理時間を減らす
すべてのメールに即レスする
処理できないときはメールのチェックをしない
即レスできないメールはいったん受領の連絡をする
部分引用を使って素早く返信する
CCは必要最低限にする
あえてメール以外の連絡手段を使う
単語登録でスピーディーに入力する
テンプレートを120%活用する
キーワードを拾って速読する

お問い合わせ

メールマガジンご登録はこちら

実態調査2016

アイ・コミュニケーション セミナールームを使ってみませんか?

運営サイト

連載コラム