メニューを飛ばして本文へ


お客様から選ばれるウェブ文章術

平野友朗の初の文章術を公開。

選ばれるにはそれなりの理由がある!相手が何を見ているか、どう考えているかが分かる一冊。

本の詳細

著者
平野友朗
定価
(本体 1,600円 +税)
単行本
250ページ
出版社
日本実業出版社
発行年月
2011年11月19日
ISBNコード
978-4534048875

目次データ

はじめに

第1章 情報は点から線へ、線から面へ

インターネットの情報源の種類
把握すべき情報の要素は桁違いに増えている
購買ステップが変わった
戦うべき所を決める

第2章 お客様の行動パターンがわかれば情報発信は簡単

お客様の判断基準は「信頼」と「期待」
お客様は課題解決のためにウェブを見ている
お客様は「信頼」できるウェブを見ている
あなたのウェブサイトに問い合わせがない8つの理由
ウェブサイトを取り巻くツール
ウェブをどう使い分けるか
すべてが融合したときに完成する

第3章 「信頼」を生み出すための情報とは?

ブランドは情報の蓄積で生まれる
文章を書く前に
自分を知る。USP(独自の売り)を決める
本当の情報と出すべき情報を上手に使い分ける
コンテンツで意識すべきこと
「物語」が人を動かす
わざとギャップを作る
伝わる言葉で書く
ココロにしみこむソフトタッチな文章術
ツイッターでのつぶやき方
ツイッターでネガティブ情報は厳禁
フェイスブックではより深耕を
フェイスブックでの立ち振る舞い
ブログの情報のあり方
メルマガでの情報発信の仕方

第4章 ウェブで「信頼」を与える方法

ウェブ文章は7秒で飽きる
取扱商品への思い入れと歴史を語る
販売実績は明確に伝える
会社概要がしっかり書けているか
プロフィールは最新に、集約して書く
あなどれないプライバシーポリシー
お客様の声、受賞歴で強みを語る
自分に信用がないなら人の信用を借りる
購入方法と価格はとにかくわかりやすく表示
理由を書かないとお客様は納得しない
ウェブサイトでお客様と対話する
次を読みたくなる設計とは
ウェブサイトは見出しが命
ひらがな、カタカナのバランス/カタカナ用語、専門用語を避ける
「だ・である」「です・ます」調の使い分け
一文を短く完結に!
おかしな日本語を使わない
句読点を適切に使う
お客様を動かす「秘密」の利用
ネガティブな情報も盛り込む
当事者意識を持たせるライティングを
ユーザーのハートをつかむ商品写真
動画はイメージアップの「飛び道具」

第5章 いますぐできるウェブ文章の改善提案

誤字、脱字も印象を悪くする原因
不要な情報を削除
不要なリンクを依頼して削除してもらう
自分の氏名・会社名で画像検索
インターネットの文章にも著作権がある
問い合わせフォームをライティングで最適化する
自動返信メールを最適化する
自動返信メール最適化5つのポイント
メールの返信の質を電話対応と同程度に高める
気の利いた表現をメールに盛り込んでいますか?
メールの極意は相手との関係性を読むこと

おわりに

お届け無料 amazon.co.jpでお買い求めください!

お客様から選ばれるウェブ文章術

お客様から選ばれるウェブ文章術
著者
平野友朗
定価
1,600円(本体価格+税)
単行本
250ページ
出版社
日本実業出版社
発行年月
2011年11月19日
ISBN
978-4534048875

平野友朗の初の文章術を公開。

選ばれるにはそれなりの理由がある!相手が何を見ているか、どう考えているかが分かる一冊。

amazon

お問い合わせ

メールマガジンご登録はこちら

実態調査2016

アイ・コミュニケーション セミナールームを使ってみませんか?

運営サイト

連載コラム