メニューを飛ばして本文へ


「つながり」を武器にする!
ソーシャルメディア時代のビジネスメッセージ59の届け方

平野友朗が語るソーシャルメディア活用法!

「届く」「つながる」「広まる」。 ビジネスメッセージの届け方を完全解説!ツイッター、フェイスブックなどのソーシャルメディアに関心はあるけれど、具体的にビジネスに使用できていない人、アカウントを取ったけれど「どう使っていいかわからない」という人は多いはず。そんな人に向けて、まったく新しいビジネスメッセージ解説書が登場しました!

ソーシャルメディアが隆盛している現在ならではの、最新のビジネスメールの使い方を学ぶことができます。具体的なエピソード(メールのみで現在の実績を築いた経緯など)がふんだんに盛り込まれています。「ツイッターって何?」「ダイレクトメッセージとメールの違いって?」「フェイスブックはどう使えばメリットがあるの?」など、2大ソーシャルメディアに関する基本的な疑問を丁寧に解説しています。企業内やビジネスシーンでソーシャルメディアを使う場合の注意点や問題点を、実際の事例を交えながら読みやすい文章で解説しています。

本の詳細

著者
平野友朗
定価
(本体 1,300円 +税)
単行本
224ページ
出版社
ナナ・コーポレート・コミュニケーション
発行年月
2011年10月26日
ISBNコード
978-4-904899-21-2

目次データ

第1章 ソーシャルメディア時代のメールテクニック(作成編)

文字情報は難易度の高いコミュニケーション!
「伝える」=「伝わる」ではない
メールには型がある
メールは見られて当たり前
その一言が相手の気持ちを害する
相手をほめるときは三割増し
メールの回数を重ねたらわざと「口調」を変える
開封したいと思わせるタイトルのつけ方
相手を不快にさせない催促の極意
メールで「お願い」するときの鉄則
波風立てない断り方
次につなげる「用件プラスアルファ」の文章
「行間」と「文末」でメールに個性を
自分のキャラクターを印象づける「自己演出メール」
思わず回答したくなる魔法の一文
コラム 10年前と現代のメール作法の違い

第2章 ソーシャルメディア時代のメールテクニック(送信編)

情報漏洩にご用心
伝わらなければコミュニケーション失格
対象を調べて勝率を上げる
相手が喜ぶポイントを見つける
好かれるメール11のルール
メールボックスは宝の山
状況別ライティングテクニック
ちょっと気の利いた相づちの入れ方
コラム ツールごとの温度差を把握する

第3章 ソーシャルメディア時代のメールテクニック(応用編)

「メールを見ていなかった」という言い訳は通用しない
メールで事業パートナーを獲得!
メールを上手に使えば会いたい人に会える
会いたい相手を見つけたら「必ずしなかった」こと
メールで人脈を随時「更新」させる
目的を設定すればメールは自然と変化する
対象別、出会いのテクニック
著者は読者の感想を待ち望んでいる
講演者から一目置かれるお礼メール
経営者にアプローチする際のマナー
リサーチ不足は命取り
ソーシャルメディア時代の人脈の作り方
コラム ビジネスメッセージと「ログ」の関係

第4章 ツイッターでのメッセージの届け方

匿名、実名どちらが有利?
商品名、自分の名前で必ず検索
「○○なう」はビジネスでOK?
ツイッターは撒き餌、アタリを待つ
ツイッターで内情を暴露して盛り上げる
ハッシュタグの使い方
誰とどう絡むのか
やってはいけない自動化
相手によってメッセージの見せ方を変える
ツイッター経由で仕事の依頼が舞い込む
距離感で使い分ける
固有名詞を書くと見つけてもらえる
コミュニケーションは種まき
情報の質を保つコツ
コラム 「アカウント」というもう一つの人格

第5章 フェイスブックでのメッセージの届け方

フェイスブックがコミュニケーションを変える
フェイスブックをあなたの武器に
ウォールの投稿でコミュニケーションは取れない?
知らない相手からの友達リクエストを断る方法
顔が見えるから安心する
会社で取り組むときに同じメッセージはNG
フェイスブックに書くべきこと
仕事の情報、パーソナルな情報
さあ「いいね!」を集めよう
コラム ソーシャルメディアのアカウントが抱える問題

おすすめ amazon.co.jpでお買い求めください!

「つながり」を武器にする! ソーシャルメディア時代のビジネスメッセージ59の届け方

ソーシャルメディア時代のビジネスメッセージ59の届け方
著者
平野友朗
定価
1,300円(本体価格+税)
単行本
224ページ
出版社
ナナ・コーポレート・コミュニケーション
発行年月
2011年10月26日
ISBN
978-4-904899-21-2

平野友朗が語るソーシャルメディア活用法!

amazon

お問い合わせ

メールマガジンご登録はこちら

実態調査2016

アイ・コミュニケーション セミナールームを使ってみませんか?

運営サイト

連載コラム