メニューを飛ばして本文へ


事業内容(ビジネス実践塾)

ビジネス実践塾とは?

ビジネス実践塾」は2007年7月から開始した、経営者対象の通信教育サービスです。

ご自身のビジネスを発展させるために、改善を意識し、実践を続ける経営者の皆様に、さまざまなジャンルから経営改善のコツやヒントを毎月音声でお届けしています。

日本全国で、およそ300名の方に会員としてご登録いただいており、会員同士の交流も活発に行なわれています。
会員限定のリアルな交流会や、Facebookグループでの自由な意見交換も「ビジネス実践塾」の魅力のひとつ。

これまでにご提供してきた教材は120種類以上。

「なかなか続けられなくて……」という方も多いかもしれませんが、「ビジネス実践塾」は入会した会員の90%が継続するという継続率の高さを誇っています。

おためしプランもご用意しておりますので、どうぞお気軽にお申し込みください。

経営者、起業家向け教材お届けサービス。 毎月会費6,264円で、最新の音声教材とニュースレターを手にすることができる会。平野友朗がすぐに使える売上げアップのための情報を皆様にお届けします。会員限定メルマガ、ランチ会などサービスが充実しています。

関連サイト

ビジネス実践塾

ビジネス実践塾新規ウィンドウ

ビジネス実践塾について、ご案内しています。最新号の教材は毎月変わりますので、ご確認ください。

会員の皆様には、最新号をお届けします

オーディオセミナー(約70分)

ビジネス実践塾のメイン教材は、平野友朗が語る(対談を含む)ビジネス成功ノウハウです。
平野が実践して「これはビジネスで成功するために必要な情報だ」と思った情報だけをお届けします。

対談では、平野が対談者のノウハウを引き出し、実践できる形に整理して解説します。
こうした生きた事例に数多く触れ続けていただくことで、ビジネスを実践する力が身につきます。

【理解→仕組み化→集客→販売→顧客化】の流れを強化しカイゼンし続けられるように教材のテーマを選定しています。

「理解」であればマーケティング概論やマーケティングフローの作り方、フレームワークや市場分析、経営全般など。
「仕組み化」であれば、ビジネスモデル構築方法や仕組みを構築した事例、新たなビジネスアイデアの例。
「集客」であれば、PR活動や出版方法、チラシ、ウェブ、DM、などの集客手法を解説。
「販売」であれば、成約につなげる方法、ウェブ・リアルを含むクロージングの方法、その確率の上げ方を解説します。
「顧客化」では、継続して顧客とコミュニケーションを取る方法、驚異のリピート率を生み出す方法などをお伝えします。

Jissen Jyuku Plus(実践塾プラス)

月刊誌「Jissen Jyuku Plus(実践塾プラス)」は、盛りだくさんのコンテンツです。

◆読むオーディオセミナー

Jissen Jyuku Plus オーディオセミナーのエッセンスを抽出してビジュアル面からサポートするコーナーです。オーディオセミナーと併せて活用いただくとより理解が深まります。

◆イチオシ書籍

毎月約30冊の本を読んでいる平野友朗が、会員さんのビジネス向上に役立つ何冊かを厳選して紹介しています。 多忙な日々の中で、本を選ぶ時間・ハズレを読んで無駄にする時間を減らし、効率よく有意義な情報収集・インプットができます。

◆その他

会員さんの出版情報 会員さんが出版された際、ご紹介しています。
ほぼ毎月、何人かの会員さんが出版を実現されています。

会員さんが出版した際は、Jissen Jyuku Plus(実践塾プラス)内で著書のご紹介をしております。
詳しくは会員特典「書籍の告知協力」ページをご確認ください。

メールマガジン(月3~4回)

会員限定のメールマガジン「実践塾通信」では、オーディオセミナーやJissen Jyuku Plus(実践塾プラス)ではご紹介できない限定情報が満載です。

毎月教材のご案内や補足情報、平野友朗の活動報告などもお届けしています。
毎月3~4回+α配信します。

「実践塾通信」では、平野友朗が実践しているビジネスの実情、実名や実数字を出した検証結果をお伝えすることがあります。例えば、まぐまぐのクリック率は○%、自社配信メルマガのクリック率は○%。売上高に粗利率、問い合わせ件数に受注率、出版や取材がきた理由など、通常は公開されていない生の数字が見られるのはビジネス実践塾の会員さんだけです。

ビジネス実践塾の会員さんだけ、という制限があるので、安心してすべての情報を出すことができるのです。 そのため、みなさんにはいつも「そこまで出して大丈夫ですか?」「生々しくて参考になります!」と驚かれています。公開ギリギリのリアルなビジネス話が聞けるのも会員限定だからこそ。

お問い合わせください

ご質問などございましたら、お問い合わせください。

お問い合わせ