メニューを飛ばして本文へ


事業内容(ビジネスメール教育研修)

ビジネスメール研修

ビジネスメールに関する研修を実施しています。

ヒアリングから、プログラム開発、研修までを一貫してサポート。
研修の実績については、日本トップクラスを誇っています。

新入社員研修、階層別研修などで、ビジネスメールの基礎知識を伝えるだけで無く、不動産業界向けのメール研修、営業社員向けのメール研修など、オリジナルの企画での対応が可能です。

主な実績(一部紹介・敬称略)

味の素、アデコ、アンリツ、イッツ・コミュニケーションズ、伊藤忠商事労働組合(東京支部)、INAX、茨城日立情報サービス労働組合、SMBCコンサルティング、エプソン販売、兼六土地建物、セキスイハイム不動産、全国IBMユーザー研究会連合会、宣伝会議、東京ガス、TOTO、トッパン エムアンドアイ、日本ドナルドソン、公益財団法人日本電信電話ユーザ協会、博報堂DYメディアパートナーズ、パナソニック電工、パナソニック電工電路、みずほ総合研究所、三井住友海上火災保険、目黒区男女平等・共同参画センター、中小企業家同友会、商工会議所、国土交通省、大分県、青山学院大学、嘉悦大学、明治大学、東海中学校・東海高等学校、他

関連サイト

ビジネスメールの教科書(ビジネスメールの専門サイト)

ビジネスメールの教科書新規ウィンドウ

ビジネスメールコミュニケーション講座に関するご案内や、講師のご紹介をしています。当講座はベーシック編、応用編、不動産営業編、英語編など多数取り揃えています。

ビジネスメール関連の商標の管理

アイ・コミュニケーションでは、ビジネスメール教育の普及、正しい知識の伝達のため、以下の2つの商標を取得しています。

「ビジネスメール」(登録第5277436号)第9類,第16類,第35類
「ビジネスメールコミュニケーション」(登録第5273242号)第9類,第16類,第35類


一般社団法人日本ビジネスメール協会の運営

2013年9月に、アイ・コミュニケーションの一事業を分離し設立。
代表は、平野友朗が兼任しています。

一般社団法人日本ビジネスメール協会は、ビジネスメール教育の普及と、講師の認定を主な仕事としています。

これまでに誕生した認定講師は、44名。
年に1~2回のペースで養成講座を実施しています。

アイ・コミュニケーションは、協会から依頼を受けて養成講座を実施しています。

関連サイト

一般社団法人日本ビジネスメール協会

一般社団法人日本ビジネスメール協会新規ウィンドウ

一般社団法人日本ビジネスメール協会認定講師養成講座などの情報をご紹介しています。

お問い合わせください

ご質問などございましたら、お問い合わせください。

お問い合わせ