3年ぶりの広島開催。メールの悩みを一気に解決!!

  • メールの効率化をしたい
  • 定時に帰りたい
  • 仕事を円滑に進めたい
  • 最新の手法を学びたい

ビジネスメールの専門家として活動をしていると、このような質問が集中します。
こういった悩みの解決は実は凄くシンプルです。
やり方を覚えるだけで、高い再現性を実現することができます。

メールにかける時間は「読む時間」と「書く時間」の総和で求められます。

メールを書く時間=通数×1通を書くのにかかる時間
メールを読む時間=通数×1通を読むのにかかる時間


つまり、それぞれの通数を減らすこと。1通あたりにかける時間を減らすこと。
これしか解決策はありません。ビジネスメール実態調査2016によると、仕事で1日に送受信しているメールの平均通数は以下の通りとなります。

送信通数・・・12通
受信通数・・・54通


1通あたりの書く時間を1分、読む時間を30秒削減。送信通数は12通のまま、受信通数を30通まで減らせるとします。すると計算上は212時間の削減が可能だと分かります。

これは机上の空論ではありません。

今回の方法論をまとめたのが最新刊「仕事が速い人はどんなメールを書いているのか」です。3月15日に発売して、すでに重版もかかった本です。

今まで、10,000通以上のメールを添削しました。
そして、今でも日々300通のメールを受け取り、100通のメールを返信しています。

そこで発見したスピードメール術を出版記念講演会で一挙大公開します。

今回は、広島で3年ぶりとなる講演です。
前日に広島で企業研修があるので、矢野紗基さんに声をかけて、出版記念講演会がひ実現しました。

それでは、共催の矢野紗基さんのメッセージをお届けします。

共催者 矢野 紗基さんからのメッセージ

矢野 紗基(やの・さき)

ピエナ コーチング プロジェクト
・国際コーチ連盟プロフェッショナル認定コーチ
・(財)生涯学習開発財団認定コーチ
・日本マーケティングコーチ協会認定マーケティングコーチ

略歴

広島市生まれ。 自動車メーカーで受付接遇職、イベント企画、広報紙編集など、対外的なコミュニケーションの最前線で12年間勤務の後、精神科の病院で中四国初のストレスドックをドクターとともに開発。2000年よりコーチングの技術を学び、精神科病院退職後、2005年、ピエナ コーチング プロジェクトを設立。 2010年、日本コーチ協会広島チャプターを立ち上げ、2013年3月まで初代代表を務める。 現時点で広島県内唯一の国際コーチ連盟プロフェッショナル認定コーチ。個人コーチング実績は2500時間以上。個人事業主や小規模経営者を対象とした結果を出すコーチングを得意とし、3年以上の契約更新が8割を越える。 一般企業はもとより、官公庁、商工会議所、病院、教育関連施設等での研修講師としても活動中。コーチングライブ、セミナー講師養成講座、女性を対象とした美人創造塾など、経験とアイデアを活かした毎月の自主開催のセミナー、NHKカルチャースクールでリーダー向けコーチング講座も開催している。

広島を拠点に個人コーチ、及び企業研修講師をしております矢野紗基と申します。

3年前、【ビジネス実践塾】入塾がきっかけで、平野さんにブランディングセミナーを開催していただき、具体的かつ明快な内容でご参加の皆さんから大変好評でした。

そして、今回は、「メール」がテーマ。日々欠かせないツールでありながら、ビジネスメールの専門家から直接学ぶ機会はないと思います。この機会に、平野さんの24冊目のご著書『仕事が速い人はどんなメールを書いているのか』のエッセンスをしっかり掴んで、仕事の効率アップに活かしませんか?

出版裏話も聴けるそうですので、出版を目指している方も必見です! メール、出版、時間管理、この3つのキーワードにピンと来た方はぜひご参加ください。

気になる参加費用は・・・

私の2時間セミナーは、通常8,000円程度いただいています。

しかし今回は3年ぶりの広島講演。
さらに、一人でも多くの方に書籍を手に取っていただきたいと思っています。

そこで、参加費は4,000円(税込み)に設定しました。

それだけではありません。何と今回は最新刊『仕事が速い人はどんなメールを書いているのか』も1冊プレゼントいたします。

ぜひ、参加をしてくださいね!

セミナーの対象者とは?

  • メールに時間がかかりすぎていると思っている方
  • 時間が全くないと思っている方
  • 納期を守れないことがある方
  • いつも残業をしている方
  • 出版をしてみたい方
  • 平野友朗の講演を一度聞いてみたいと思う方

出版記念セミナーでお話しするコンテンツの一例

※内容は予告なく変更となる場合がございます

講師紹介

平野友朗(ひらの・ともあき)

株式会社アイ・コミュニケーション 代表取締役
一般社団法人日本ビジネスメール協会 代表理事
ビジネス実践塾 主宰

略歴

1974年、北海道生まれ。筑波大学人間学類で認知心理学専攻。広告代理店勤務を経て、日本で唯一のメルマガ専門コンサルタントとして独立。ビジネスメール教育の専門家。得意とする分野は、ウェブマーケティングの戦略立案やメルマガ・ウェブサイトの改善。メールのコミュニケーション効率化や時間短縮などの業務改善。メディア戦略を含めたブランド構築や出版プロデュースなど多岐に渡る。日本初のビジネスメール教育事業を立ち上げ、開発した教育プログラムによって、メールによる業務効率化やメールの処理時間削減を実現する個人や企業が続出。公開セミナーや集合研修、通信教材やeラーニグを通じて、ビジネスメール教育を提供。2013年に、一般社団法人日本ビジネスメール協会を設立。認定講師を養成し、ビジネスメールの教育者を日本全国に輩出。一人の起業家としての活動から法人化への道のり、事業の多角化で蓄積したビジネスノウハウを提供する通信教育事業「ビジネス実践塾」を主宰。音声教材とニュースレターで、起業家や経営者に必要なノウハウを毎月提供中。

出版実績

『ちょっとの工夫で仕事がぐんぐんはかどるビジネスメール術』(主婦の友社)、『お客様から選ばれるウェブ文章術』(日本実業出版社)、『「始めてみたけど効果がない」と思っている人の「やり直し」のメルマガ営業術』(ダイヤモンド社)、『走りながら考える仕事術!』(日本実業出版社)など合計23冊(翻訳本2冊を含む)がある。

セミナー概要

タイトル 『仕事が速い人はどんなメールを書いているのか』
出版記念講演会 in 広島
日程 2017年6月17日(土)19時00分~21時00分
(開始15分前より受付をおこないます)
場所

合人社ウェンディひと・まちプラザ
(旧:広島市まちづくり市民交流プラザ)
広島市中区袋町6番36号

GoogleMapで大きい地図で見る

交通

広島電鉄
「袋町」電停 徒歩約3分
「紙屋町東」電停 徒歩約6分

バス
「袋町」バス停 徒歩約3分
「放送会館前」バス停 徒歩約6分
「広島バスセンター」 徒歩約9分

アストラムライン
「本通駅」 徒歩約5分

JR(広島駅より)
[広電バス3号線]観音マリーナホップ行き、西飛行場行き「袋町」下車
[広島バス24号線]吉島営業所行き「袋町」下車

参加費 4,000円(税込み)
※参加費には、書籍代も含みます
お支払い方法 当日現金払い
定員 30名
主催 株式会社アイ・コミュニケーション
企画協力 矢野 紗基(ピエナコーチングプロジェクト 代表)
備考 筆記用具、お名刺等をお持ちください。
お問い合わせ先 アイ・コミュニケーション 03-5577-3237(平日 9時~18時)

お申し込みフォーム

※必須お申し込み内容
※必須参加区分/費用
※必須お名前
※必須ふりがな
※必須メールアドレス
会社名
※必須都道府県名
※必須電話番号
備考