メニューを飛ばして本文へ


vol.567 セミナーの参加率を上げる簡単な方法

配信日:2011年01月24日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ vol.567━2011.01.24━
メルマガ成功法 ★メルマガコンサルタントの稼ぐ思考★      67,084部
┏───────────────────────────────────
┃目次|◎ごあいさつ   |エキサイト教育さんのセミナーに無料招待
┃  |◎メインコンテンツ|セミナーの参加率を上げる簡単な方法
┃  |◎実践塾のお知らせ|「メール営業」教材が手に入るのはあと10日
┃  |◎オススメの書籍 |図解で身につく!ドラッカーの理論 他
┃  |◎近況報告    |山形は大雪!講演は大成功。
┃  |発行:アイ・コミュニケーション 平野友朗
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 おはようございます。
 アイ・コミュニケーションの平野友朗です。

 昨日、私のクライアントさんから
 無料セミナーの情報が飛び込んできました。

 そのクライアントさんはエキサイト教育を企画運営しているのですが
 2月10日に緊急セミナーを開催することになったそうです。

 セミナーのテーマは、

 「底の見えない不況、地盤沈下していくこの国で、
  わが子を育てていく戦略とは?」です。

 そのクライアントさん曰く・・・

 「塾や学校では絶対に聞けない内容です!」とのこと。

 しかも、講師はホリエモンこと堀江貴文氏がつとめるそうです。

 個人的にも堀江さんの起業論や教育論には興味があります。
 どんな話が出るか楽しみですね。

 ■セミナーの詳細はこちら
 http://education.excite.co.jp/article/horie-takafumi.html


 セミナーの参加は無料で抽選のようですので
 まずは当選することを祈ってくださいね(笑)

 

 それから、お知らせが2つあります。


 ■お知らせ1

 1/27(木)開催の「初心者・中級者のためのメルマガ基本セミナー」
 ですが、無事満員となりましたので募集を締め切ります。
 ※これからのご応募はキャンセル待ちとなりますのでご了承ください。

 http://www.sc-p.jp/seminar/2011/000575.html


 ■お知らせ2
 
 2月1日(火)開催の「ビジネスメールコミュニケーション講座」も
 無事満員となりましたので募集を締め切ります。
 ご希望の方は、3月以降のセミナーにお申し込みくださいませ。

 http://business-mail.jp/lecture/index.html


 さて。それでは、メインコンテンツにいってみましょう!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メインコンテンツ】セミナーの参加率を上げる簡単な方法
------------------------------------------------------------------------

 先週ある企業のセミナーに参加をしてきました。

 そのセミナーの内容は一言でいうと
 「セミナーを成功させるための方法」というものです。

 セミナー自体は私も年間70回以上こなしプロといえるような段階ですが
 それでも、他社さんが提供している情報は気になるもの(笑)

 セミナーの参加者には

 ・申し込みの多い曜日の傾向
 ・今申し込みのあるセミナーのジャンル

 などのデータを配布しますとのこと
 ・・・これは非常に魅力的ですよね。

 データ好きな私としては、気になってしまいます。

 そこで担当者さんと何度か電話で話をしたのですが

 「やっぱり、セミナーに参加をしないとその資料はお渡しできません」
 「セミナーの参加者にだけ、割引限定プランをお知らせしています」

 との追加情報をいただき・・・参加を決めたのです。

 今日はそこでの学びとまとめをお話します。


 セミナーの参加率は、無料セミナーの場合、50~70%程度。
 運用がうまくいっているところでも80%くらいでしょう。

 しかしその企業の場合は、ほぼ100%の参加率。

 当日のドタキャンはなく、急なキャンセルの場合でもすべて
 ご連絡があった上での不参加だそうです。

 弊社のセミナーの参加率も90%以上ですが
 100%という数字を聞くと俄然興味がわきます。


 種明かしをすると簡単なのですが
 「メールで3回の接触をとる。」
 これを徹底することによって集客の成功を実現しているようです。

 どんなセミナーでも

 1.申込時のお礼メール
 2.前日(前々日)のリマインダメール
 3.翌日のお礼メール

 は送っていると思います。

 ただ、直前のメールが2回だと忘れてしまう人や
 別の予定を入れてしまう人がいるようです。

 そこで、その企業様は1週間前にもメールを送り
 接触回数を増やしているようです。


 無料セミナーの場合、参加者も「無料だから申し込んだ」
 という意識があり

 「何かあったらいかなくてもいいや」

 という気持ちが少なからずあるでしょう。

 しかし

 1.申込時のお礼メール
 2.1週間くらい前の質問メール
 3.前日(前々日)のリマインダメール

 のように回数を増やすことによって

 「ここまでちゃんとやってくれているのだから、
  私もちゃんと対応しなくては」

 というように相手の罪悪感に訴えているのだと思います。


 人には返報性の原理があります。

 いいことをしてもらったらいいことを返す。

 これが無意識のうちに働いているのでしょう。

 つまり徹底的にきちんと対応する。
 おもてなしをする。

 これが重要です。


 セミナーの出席率を上げる方法はほかにもあります。

 ・入金のお礼のメールを送る

 ・質問ありませんか?のメールを送る

  ↑ 質問の内容を考慮してセミナーの構成を組み立てます。
    と伝えることによって、当事者意識を持ってもらえます。
    私もこの手法はたまに使いますが、非常に効果的です。

 ・メールではなく電話をする

  ↑ 決して売り込みではなく確認という立ち位置で。
    これだけで印象がよくなります。

 ・地図をメールする

  ↑ 場所がわからず迷う人がいます。地図のURLを送ったり、
    PDFを添付したり、住所や交通をお伝えしましょう。

 ・途中入退場が可能であることを伝える

  ↑ 遅れたら入りにくいという人がいます。
    そういう人の心理的負担を軽くしてあげましょう。


 ほかにも細かいものをあげたらきりがありませんが、
 「これはやっていない」というものがあったら
 是非取り組んでくださいね。


 メールを送って接触頻度を高めるだけでも有効です。
 まずは送っていないメールの種類があったら送ってみてください。

 

    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓


 ★今回の記事が面白かった方はtwitterやブログでご紹介を。
  有効だと思ったら「つぶやいて(RT)」くださいね!

 ◎平野友朗のtwitterはこちらでご覧頂けます。
 http://twitter.com/hiranotomoaki

 このメルマガが"何か"のきっかけになれば幸いです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【実践塾のお知らせ】「メール営業」教材が手に入るのはあと10日
------------------------------------------------------------------------

 今月号は、昨年末に開催した「メール営業セミナー」のDVD版です。
 入会するなら今がチャンスです(笑)

 この教材を手に入れられる機会は、あと10日足らずです。

 厳密に言うと、2月1日以降も手に入れることができるのですが
 実践塾の教材として販売するのは1月31日までです。

 2月1日以降は企業様の研修用教材として販売します。
 その価格は29800円です。

 企業様から研修のご相談があるのですが
 どうしても研修料金20~30万円というとハードルがあるようです。

 社員数10名であれば割高になってしまいます。

 そこで考え出したのがこのDVDの販売です。

 通常の講座は一人あたり8400円ですが
 今回のDVDは何人で見てもOK。
 そしてレジュメのコピーOK。
 ということで29,800円という価格を実現しています。

 実践塾の会員さんであっても2月以降はこの価格となります。

 だからこそ、入会したら500円で手に入る
 この機会をご利用くださいね。

 (すでに会員様には配送済みです)


 ■2011年1月号は・・・営業のためのメールの極意。(DVD2枚組)

 私が実践しているメール営業の極意を詰め込んでいます。

 動画もテスト的に公開中です!

 http://www.jissenjyuku.jp/int/icom/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【オススメの書籍】・・・・図解で身につく!ドラッカーの理論 他
------------------------------------------------------------------------
 このコーナーでは、最近『実際に読んだ本』をご紹介します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●図解で身につく!ドラッカーの理論 (久恒 啓一 )
  http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4806137707/scp-22/ref=nosim

  「イノベーションは改善から生まれる」に納得です。すべてのものができた
  ときは100点ですがその瞬間から100点ではなくなっていきます。だからこそ
  常に100点に近づける永遠の努力が必要なんですね。改善はいつでも重要!


 ●マンガでわかる ランチェスター戦略 (矢野 新一 )
  http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4863540361/scp-22/ref=nosim

  漫画を用いて7つの戦略をわかりやすく解説しています。初心者にオススメ。
  自分が弱者であると認識し、局地戦、差別化戦略、一点集中などを是非取り
  組みたいものです。弱者はランチェスター戦略を学ぶべきですね。


 ●「いま・ここ」にある幸せに気づく センタリング (はづき 虹映 )
  http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/476313051X/scp-22/ref=nosim

  ポジティブ思考だけではうまくいかない。それを感じ始めている人は多いの
  では?私も原則ポジティブですが、ネガティブ思考も少しだけ残しバランス
  を取るようにしています。飛び降りても大丈夫・・・そんな極端なポジティ
  ブよりも、危ない!と意識できる気持ち。中間を意識するのが大事ですね。


 ●最短で成果★超仕事術 (荘司 雅彦 )
  http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4806138924/scp-22/ref=nosim

  早い決断を習慣化し、期限のない仕事には期限をつける。それが成功の法則
  なんでしょうね。今全力で取り組み、その中に創意工夫を続けること。変化
  のない日常ではなく、常に改善を求める。その重要性がよくわかります。


 ●8秒で幸せをつかむ「片づけ力」 (大津 たまみ )
  http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761267143/scp-22/ref=nosim

  掃除のプロが何を考えて仕分け、処分をしているのか。そのノウハウがよく
  分かります。理にかなった分け方にプロだなぁと思う一方、女性ならではの
  感性も面白いなぁと思います。処分する際に感謝をする。いいですね!

 

  ------------------------------------------------------------
  平野友朗の著作は19冊(監修・海外での翻訳出版を含む)となりました。

   これから読んでみたいという方は、まずこの3冊からどうぞ!
  ------------------------------------------------------------

 ■ メール ■ ビジネスメールの常識・非常識 (日経BP社)
  http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822269264/scp-22/ref=nosim

 ■メルマガ■ 「やり直し」のメルマガ営業術 (ダイヤモンド社)
  http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478001855/scp-22/ref=nosim

 ■ 人脈 ■ 仕事とお金を引き寄せる人脈構築術(ぱる出版)CDプレゼント付
  http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4827205434/scp-22/ref=nosim

 ------------------------------------------------------------

 いつもたくさんのご献本ありがとうございます!
 献本の問い合わせがあまりにも多いので、詳細をまとめました。

 http://www.sc-p.jp/products/mail/presentation.html

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【近況報告】山形は大雪!講演は大成功。
------------------------------------------------------------------------

 先週末は、山形県の北郡信用組合様で講演をさせていただきました。

 ここ数日、東北地方では雪が降り続いていたようで
 山形に近づくにつれ新幹線からの風景が刻一刻と雪深くなっていきます。

 そして、講演会場のある村山駅に着いたときには一面の雪景色。

 スキー場のような積雪量で
 ところによっては2mくらい積もっているようです。

 生まれは北海道ですがスキー場以外で
 ここまで雪が積もっているのは見たことがありません。

 そのくらいの積雪量です。


 この環境で日常生活をするのは大変ですよね・・・。

 大変だからこそインターネットを活用するべき。
 当日はそのような話をさせていただきました。

 インターネットを使えば商圏は広がります。
 ウェブサイトの作りによっては中小企業が
 大企業に勝てることもあります。

 地域性が持つデメリットをメリットに転換する方法も
 お話しさせていただきました。


 例)地方のためあえない代わりに電話での相談は
   ほかの企業よりも時間をかけて行います。
   親身になって対応してほしい場合は
   当社に依頼をしてください。


 セミナー修了後には個別相談会があったのですが
 希望の企業様からじっくりご相談をお受けしました。

 1社あたりの時間は短くなってしまいましたが
 とっても満足しましたよ!というご連絡いただきました。

 こういったお礼のメールをいただくことはありますが

 売り物ではなくサンプルで置いていた本を
 「買います!」といってくださったり

 実践塾ってどうやったら入れますか?と聞かれ、
 すぐに申し込みメールをいただいたり、

 こういったレスポンスの良さからも手応えを感じました。


 今回のセミナーの模様は仙台の中小企業診断士の渡辺さんの
 ブログでもご紹介いただいています。

 雪の模様や会場の様子がわかるので、
 是非チェックしてくださいね!

 http://ameblo.jp/shinshin63/entry-10775541695.html

 それにしても体育館のような広い会場でびっくりしました。

 

 -----------------------------------------------------------------

ビジネス実践塾をまずは、1ヶ月だけ試してみませんか?
 今なら1月号「営業マンのための売り上げがみるみる上がるビジネスメール
 活用術」(DVD2枚組)が500円であなたのものに!
 詳細はこちら →http://www.jissenjyuku.jp/lp/

■ビジネスメール研修の資料請求はこちらから(書籍プレゼントあり)
 詳細はこちら →http://business-mail.jp/material.html

■広告募集中 このメルマガに広告を掲載しませんか?
 詳細はこちら →http://www.sc-p.jp/products/mail/ad.html

■推薦! 初めての独自メルマガ配信なら「アイ・メール」がオススメ

 ☆平野友朗が提供するイチオシのメルマガ配信サービス☆

  ・セグメント配信が可能
  ・月々2,000円から利用可能
  ・サポート充実
  ・初心者にも使いやすいシステム
  ・クリック測定可能
  ・1種類のメルマガを出したい方に最適なシステムです

 http://imail-system.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お願い ~まぐまぐ!→独自配信メルマガへの登録変更をお願いいたします!
------------------------------------------------------------------------

 ★ご登録者にはもれなく音声ファイル、PDFファイルなどをプレゼント★

 その他、独自配信の「メルマガ成功法」では、セミナーの割引情報、
 無料招待、アイ・メールの利用割引券(初期費用50%OFF)、
 書籍・教材のプレゼント、その他、地域性の高い情報、お得な情報を配信中!

 こういった特典は、独自配信の読者様に対して定期的に出しますので
 ぜひ、この機会にご登録くださいね!
 http://www.sc-p.jp/products/mail/index.html

 ※まぐまぐ!のメルマガ成功法で送る内容は、独自配信に含まれるので
  独自配信を登録された方は、まぐまぐ!のメルマガは解除してください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行人: アイ・コミュニケーション 代表 平野友朗
 平野友朗公式サイト http://www.sc-p.jp/
 メルマガの教科書 http://m-magazine.jp/
 ビジネスメールの教科書 http://business-mail.jp/
 アイ・メール http://imail-system.com/
 ビジネス実践塾http://www.jissenjyuku.jp/
 E-MAIL:info@sc-p.jp

※社内・取引先・ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。
 ただし、無断転載は厳禁です。出所を必ず明記してくださいね。
------------------------------------------------------------------------
■広告や記事中でご紹介している商品・サービスに関してのトラブル等に
 ついて当方では一切責任を負いかねます。ご自身の責任でご判断下さい。
■購読・解除は、ご自身でお願いいたします。こちらから出来ます。
 まぐまぐ! →http://www.mag2.com/m/0000115344.html
 独自配信 →http://www.sc-p.jp/products/mail/index.html
------------------------------------------------------------------------
■平野友朗のプロフィールはこちら
 http://www.sc-p.jp/prof/hirano.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お問い合わせください

ご質問などございましたら、お問い合わせください。

お問い合わせ