メニューを飛ばして本文へ


「ビジネスメール実務検定試験3級」受験受付開始

2014年10月02日更新
一般社団法人日本ビジネスメール協会

日本唯一のビジネスメール専門検定

「ビジネスメール実務検定試験3級」受験受付開始

合格証書がもらえる。インターネット上で受験できるオンライン検定

一般社団法人日本ビジネスメール協会(代表理事:平野友朗、所在地:東京都千代田区)は、2014年10月2日(木曜)に、ビジネスメールの知識を証明する「ビジネスメール実務検定試験3級」を開始いたします。

本検定は、インターネット上で受験するオンライン検定です。ビジネスメールに関する、マナー、ルール、書き方、送り方、文章表現、コミュニケーションの取り方などのジャンルから出題されます。3級は、100問を出題し、試験時間は60分です。

一般社団法人日本ビジネスメール協会が行なった調査によると、仕事上で周囲とコミュニケーションをとる主な手段は「メール」(98.45%)が最も多く、メールは仕事をする上で必要不可欠な手段であることが分かりました。そのような中で、約7割の人が自分のメールに不安を感じ、約半数の人が実際に失敗を経験しています。その背景には、会社でビジネスメールの研修が「ある」人は1割にも満たないなど、メールは仕事上の主要なコミュニケーション手段であるにもかかわらず、学ぶ機会のないことが一因と考えられます。

ビジネスメール実態調査2014
http://businessmail.or.jp/archives/2014/08/04/2226

「ビジネスメール実務検定試験3級」では、ビジネスメールの利用マナーの浸透と活用スキルの標準化を目指し、仕事で使うメールの知識を習得できる検定として展開してまいります。「ビジネスメール実務検定試験3級」は、メールを活用することで個人や企業の生産性向上に貢献することを目的とした検定です。

【ビジネスメール実務検定試験3級】

受付開始日:2014年10月2日(木曜日)
受験料:3,000円(税別)
お申し込み方法:インターネットからお申し込みが可能です

一般社団法人日本ビジネスメール協会ホームページの「ビジネスメール実務検定試験3級」専用バナーをクリックしてください。

一般社団法人日本ビジネスメール協会
http://businessmail.or.jp/

出題レベル:仕事で使うメール「ビジネスメール」に関する基本的なマナーやスキルなど
出題数:100問
試験時間:60分
合否通知:合格者には合格証書を郵送いたします。
       不合格の方には登録アドレス宛にメールでご連絡いたします。

【「ビジネスメール実務検定試験3級」の公式対策講座】について

一般社団法人日本ビジネスメール協会(株式会社アイ・コミュニケーション)および一般社団法人日本ビジネスメール協会認定講師が主催する「ビジネスメールコミュニケーション講座(ベーシック編)」は、「ビジネスメール実務検定試験3級」の公式対策講座です。

ビジネスメールに関する、マナー、ルール、書き方、送り方、文章表現、コミュニケーションの取り方など、ビジネスメールの基礎を習得できます。

一般社団法人日本ビジネスメール協会

代表理事
平野友朗
設立
2013年9月20日
業務概要
ビジネスメール教育者の育成、ビジネスメール教育者の認定
所在地
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-1 KIMURA BUILDING 5階
公式ホームページ
http://businessmail.or.jp

一般社団法人日本ビジネスメール協会は、日本で唯一のビジネスメールの教育者を養成する専門機関です。

本件に関するお問い合わせ先

一般社団法人日本ビジネスメール協会

電話
03-5577-3210
ファクス
03-5577-3238
E-mail
info@businessmail.or.jp

※「ビジネスメール」と「ビジネスメールコミュニケーション」は、株式会社アイ・コミュニケーションの登録商標です
※当協会の運営を株式会社アイ・コミュニケーションに委託しています

お問い合わせ