メニューを飛ばして本文へ


ビジネスメール実態調査2010の募集スタート

2010年06月13日更新

当たり前のコミュニケーションツールとなった「メール」。
仕事の中では、電話、対面以上に使用頻度が高いという調査結果もあります。

しかし、ビジネスメールとプライベートメール、PCメールと携帯メール。
これらのルールを混同して使っているケースも多く見られます。

そして、会社でもきちんとした研修を行っていないことが多いのです。

そこで、ビジネスメールの教科書(アイ・コミュニケーション主催)では、皆様のビジネスメールの利用実態を調査すべくこのようなアンケートを毎年実施しています。

このアンケートは、2007年から毎年行われ、今年で4回目。
この調査は、各種書籍やPRESIDENTなどの雑誌でも引用されているなど、メディアの方からも注目されています。

今回の調査結果も、日本のメール教育を浮き彫りにするために必要だと思っています。
アンケートの回答は5~10分程度で完了します。ぜひ、ご協力ください。

アンケートの概要

取得期間
2010年6月4日(金曜)~2010年6月30日(水曜)
所要時間
5~10分程度
目標回答数
500名以上
対象者
普段仕事でメールを使っている方(個人、法人、学生問わず)

プレゼントについて

アンケートにお答えいただいた方全員に、次のプレゼントがあります。

20名様
書籍「これですっきり!ビジネスメールのトラブル解消」(日本経済新聞出版社)
20名様
ビジネスメールコミュニケーション講座 無料招待券
参加賞
ビジネスメールコミュニケーション講座 半額優待券(全員)

7月末までに抽選の結果を応募者全員にお知らせいたします。

※アンケートの結果は統計処理を行い、書籍やサイトなどで公表する場合がございます。その場合は、統計処理したデータや自由記述のデータのみを匿名で活用させていただきます。お名前やアドレスなどの個人情報は、弊社で厳重に管理します。外部への提供・公開はございませんのでご安心ください。

お問い合わせ