メニューを飛ばして本文へ


ビジネスメールの返信タイミングに関するアンケート調査を公開しました

2009年12月07日更新

2009年12月7日
有限会社アイ・コミュニケーション

ビジネスメールの返事はいつまで待てますか?
メールの返信を24時間(1日)以内に欲しい人は60%
ビジネスメールの返信タイミングに関するアンケート調査

PDF版をみる PDFアイコン

ビジネスメールの返事はいつまで待てますか?

ビジネスメールの返信タイミングに関するアンケート調査

ビジネスメール教育の専門家であるアイ・コミュニケーション(代表取締役:平野友朗、本社:東京都千代田区)は、自社運営サイト「ビジネスメールの教科書」の閲覧者に対し「ビジネスメールの返信タイミングに関するアンケート調査」を実施したのでお知らせします。有効回答数は230名。調査期間は2009年9月1日~11月30日。

調査によると、メールの返信については「24時間(1日)以内の返信を希望する人」が138名(60%)。「48時間(2日)以内」が71名(31%)。「それ以上待てる」が21名(9%)という結果になりました。6割の人が「メールの返信は24時間(1日)以内に欲しい」と回答しています。24時間(1日)以内の返信を希望する前提条件として、ビジネスパーソンの大半が毎日メールを使っており、すぐに返信できる環境にあることがあげられます。毎日メールを使っているため、24時間以内に返信することが暗黙の了解として浸透していると考えられます。

また、メールをコミュニケーションツールとして選ぶ理由には、手軽さ・使いやすさ・時と場所を選ばないといった点を重視する傾向にあるようです。携帯電話メールの普及にも後押しされ、メールはすぐに送れる、返信できるという要素が強調された、コミュニケーションの即時性が大きなポイントとなっています。

ビジネスメールの返事はいつまで待てますか?24時間(1日)以内は60%、48時間(2日)以内31%、それ以上待てるは9%。

お問合せ先

有限会社アイ・コミュニケーション

代表者
平野友朗
設立
2004年12月10日
資本金
3,000,000円
業務内容
メール教育事業
所在地
東京都千代田区三崎町3-10-2 みさきBLD7階
URL
会社(http://www.sc-p.jp/
ビジネスメールの教科書(http://business-mail.jp/

本件に関するお問い合わせ先

アイ・コミュニケーション 広報 直井(なおい)

TEL
03-3263-4900
FAX
03-3263-4903
E-mail
pr@sc-p.jp

関連著書

  • ビジネスメール 「こころ」の伝え方教えます(技術評論社)
  • 誰も教えてくれなかった ビジネスメールの書き方、送り方(あさ出版)

ビジネスメールコミュニケーション講座開催中(http://business-mail.jp/lecture/about.html

お問い合わせ