メニューを飛ばして本文へ


5/12発売のプレジデント「PRESINEDT6/2号」に掲載されました。

2008年05月12日更新

5/12発売のプレジデント「PRESINEDT6/2号」に掲載されました。

これが「相手を傷つける」メールだという内容で、
6Pにわたって紹介されています。

・必要な用件を的確に伝えるには
・なるべく時間をかけずに書くには
・敬語でバカにされないためには
・言いにくいことをソフトに示すには
・直接対話の相乗効果を出すには

というテーマでまとめられています。

直接メールの研修を受けたい方はこちらから!

お問い合わせ